鍬山神社

茅の輪くぐりの由来

神代の昔、武塔神(スサノオノミコト)が、南海の方へお出でになる途中、あるところでお泊りになろうとして、土民の蘇民将来、巨旦将来と云う兄弟に宿を求められた。 その時、弟の巨旦将来は、裕福な身であったにも拘らず、宿を拒んだのに対し、兄の蘇民将来は、貧しい身であったが、尊をお泊めし、粟柄を以て座を設け、粟飯を饗して御待遇申し上げた。その後、年を経て尊は再び蘇民将来の家を訪れ、「若し天下に悪疫が流行した際には、ちがやを以て輪を作り、これを腰に著けてをれば免れるであろう。」と教へ給ふた。この故事に基づき、蘇民将来と書いて、これを門口に張れば、災厄を免れるという信仰が生じ、また祓の神事に茅の輪を作つてこれをくぐり越えるようになったのである。(神道諸祭式要綱続編より)

戻る

TOP

由緒

御祭神

年中行事

ご案内

各種御祈祷

各種御守

秋祭り

Copy Right 2012 鍬山神社 All Right Reserved 所在地:京都府亀岡市上矢田町